小名浜バイオマス発電所着工 いわき、21年4月運転開始目指す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小名浜バイオマス発電所の完成イメージ図

 産業用ガスの関連事業を手掛けるエア・ウォーター(大阪市)と中国電力(広島市)が共同出資する「エア・ウォーター&エネルギア・パワー小名浜」は11日、いわき市小名浜に整備する、小名浜バイオマス発電所を着工した。2021年4月の運転開始を目指している。

 出力は7万5千キロワットで全量を東北電力に買電する。使用する燃料は木質ペレットやヤシ殻で、東南アジアや北米から小名浜港に輸入する見込み。

 発電所はエア・ウォーター子会社の日本海水小名浜工場内に建設される。