東京五輪機運盛り上げ 福島県内7駅に開幕までのデイカウンター

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県は16日、県内の7駅に2020年東京五輪・パラリンピックの開幕までの日数をそれぞれ掲示する「デイカウンター」を設置し、機運醸成を図る。

 五輪やパラリンピックの関連授業や競技体験などを実施する「オリパラ教育」の推進校が製作に協力。福島市のあづま球場で行われる野球とソフトボール競技や本県から出発する聖火リレーを題材に、橘、あさか開成、須賀川の各高の生徒が描いたポスターもデザインの一部に取り入れた。

 カウンターは16日にオリパラ教育推進校となっている郡山市の赤木小で児童や保護者に公開された後、JRの福島、郡山、新白河、会津若松、いわき、原ノ町の各駅と会津鉄道会津田島駅に設置される。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補