「大杯回し」に挑戦 会津田島祇園祭の成功へ意気込み

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大杯に挑戦する御党屋組の男衆

 南会津町の田出宇賀、熊野両神社で13日に行われた会津田島祇園祭「御党屋御千度(おとうやおせんど)参り」。直会(なおらい)では、今年の祇園祭を受け持つ御党屋組の男衆が酒をなみなみと注いだ大杯を飲み干す恒例の「大杯回し」が行われた。

 御党屋組の男性16人が神社秘伝の酔い止めの飲み物を飲んだ後、1人ずつ順番に大杯に挑戦。「オーン、サーン、ヤレカケロ」という独特の掛け声を受けて酒を口に流し込み、祇園祭の成功に向けて意気込みを示した。

 御党屋組は7月の祇園祭に向けて、この日から準備に取り掛かった。