「米国籍軍人」名乗る人物...金塊送料60万円 いわきの男性被害

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市の会社員男性(46)が、会員制交流サイト(SNS)のツイッターで知り合った「米国籍の軍人」を名乗る人物からのメッセージを信じ、現金60万円をだまし取られていたことが15日、いわき南署への取材で分かった。同署は詐欺事件とみて調べている。

 同署によると今月上旬、米国籍の軍人の男を自称する人物が、ツイッター上で男性に接触。2人だけが閲覧できる状態でメッセージを複数回交換した。

 9日、この人物から男性のツイッターアカウントに「派遣先の中東の国で10億円分の金塊をもらった。送料60万円を振り込んでくれれば、14日に4億円分の金塊を渡す」と連絡があった。

 話を信じた男性は9日、市内の銀行の窓口から指定された口座に60万円を振り込んだ。その後、この人物から返信がないのを不審に思った男性が同署に相談。14日までに金塊が届かなかったことから、15日に被害届を提出した。