自宅3階の部屋にもみ合った跡 郡山の病院長殺害疑い次男逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市の医師、男性(69)=病院長=が自宅で殺害された事件で、現場となった自宅3階の廊下に隣接する部屋に、もみ合ったような跡があったことが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、郡山署が殺人容疑で送検した次男の自称無職、容疑者男(34)が廊下で父親の首を絞めて殺害する直前、この部屋でももみ合いになったとみられる。

 同署は親子間のトラブルから2人が口論となり、容疑者が衝動的に父親の首を絞めた可能性があるとみて調べている。同医院は15日、通常の診療などは行わず、患者からの問い合わせに電話で対応した。