いわき舞台の映画第3弾を上映 ノスタルジックシアター

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわきゆかりの映画などが上映された会場

 いわき市ゆかりの映画を上映する「イワキノスタルジックシアター」の第3弾は13日、同市のいわきPITで開かれた。

 同市をロケ地とした映画などを通し、炭鉱で栄え、活気のあった時代を見つめてもらおうと開催。今回は昭和30年代に塩屋埼灯台の灯台守をしていた田中績さんの妻きよさんの手記を元にした映画「喜びも悲しみも幾年月」を上映した。

 同作品のほか、きよさんの家族へのインタビュー映像も上映され、来場者が当時の情景や田中さん夫妻の人柄などに思いを巡らせていた。