ハワイアンズ、2年ぶりショーを一新 「全力で生きる」表現

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
リニューアルしたショーを披露するフラガールたち

 いわき市のスパリゾートハワイアンズは15日、リニューアルしたショーの公開を始めた。来場者がフラガールのこれまでの歩みを表現した舞を楽しんでいる。

 同施設ダンシングチームフラガールの養成学校「常磐音楽舞踊学院」が4月で開校55周年を迎えることを記念し、2年ぶりにショーの内容を刷新した。

タイトルは「全力で、生きる。」。ショーの冒頭に、同校とフラガールの歴史を振り返る映像をプロジェクションマッピングで映し出す。

 ダンスにはこれまでのショーで採用した振り付けをリバイバルさせたほか、ダンサー同士が競い合う様子を表現した「テオラ イトイト」(全力で生きる)を盛り込んだ。

 ショーは午後8時40分から施設内のビーチシアターで毎日公演している。