雪遊び交流に笑顔 沖縄・親善大使の小学生、猪苗代を訪問 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
長瀬小の児童と雪遊び交流を楽しんだ「さとうきび親善大使」の前原君(前列左から2人目)と我喜屋君(前列中央)

 福島県との交流を目的に訪れている沖縄県の「さとうきび親善大使」の児童2人が16日、猪苗代町の長瀬小を訪れ、クロスカントリースキーや雪遊びなどで地元児童と交流を深めた。

 訪れたのは前原大翔君(島袋小6年)と我喜屋雄大君(同)。2人は歓迎会で沖縄の伝統芸能「エイサー」を披露し、長瀬小児童もマーチングを披露した。

 2人は長瀬小の6年生に滑り方を教わりながら校庭でクロスカントリースキーに挑戦し、雪遊びを満喫した。

 前原君は「初めてのスキーは、周りの人が教えてくれたのでうまく滑ることができた。みんなとの雪だるま作りが楽しかった」と笑顔で話した。