ドラマ感じる「切り紙」作品 猪苗代に月替わりマンスリー水槽

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
月替わりで展示している切り紙作品の「マンスリー水槽」

 猪苗代町のアクアマリンいなわしろカワセミ水族館は、昆虫や花の切り紙作品を月替わりの「マンスリー水槽」として展示している。

 森林、草原、水辺のテーマに分け、3人の切り紙アーティストの作品を展示。細部の作りにこだわった昆虫や魚など65種80作品が水槽を飾っている。

 チョウを捕食するカマキリや、その落ちた羽を運ぶアリの様子などが表現されている。飼育員の平沢桂さんは「場面ごとに作り込まれたドラマを楽しめるのは切り紙の水槽ならでは」とPRしている。