夢実現、児童へエール 平五小でアスリートが「笑顔の教室」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
児童に夢や目標について話した寺田さん

 アスリートと児童が夢について考える「スポーツ笑顔の教室」は16、17の両日、福島県いわき市の平五小で行われ、5年生約110人が「夢先生」と触れ合った。

 東日本大震災後、日本スポーツ協会など4団体が設立したスポーツこころのプロジェクトの一環。同校には元バスケットボール女子日本リーグ選手の寺田弥生子さんと武術太極拳選手の市来崎大祐さんが訪れた。

 このうち17日に訪れた寺田さんは、体育館で運動して交流した後、教室で講義した。大好きなバスケットボールが目標、夢になっていた自分の人生を「夢曲線」を描きながら紹介。競技との出合いや実業団選手になってからのけがとの闘いなどに触れ「頑張れば頑張った分、強くなる」とエールを送った。児童たちは自分の夢や目標を考え、シートに記入した。