ペルー生徒が日本文化体験 いわき・昌平高で書道に挑戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
書道などを体験したペルーの生徒たち

 短期留学のため来日しているペルーの日系私立学校の生徒は18日、いわき市の東日大昌平高で、書道などの日本文化に触れながら、同世代のいわきの高校生と交流を深めた。

 昌平高を訪れたのは、ラ・ウニオン学校に通う日本の高校生に当たる年代の生徒約10人。ラ・ウニオン学校が昌平高に交換留学の打診があり、実現できるかどうかを探るために昌平高が受け入れた。

 ペルーの生徒は、昌平高教諭の指導で書道に挑戦。「桜」の文字を上手に書いた。また自分の名前を彫った消しゴムはんこを作り、書道で書いた色紙に押印して作品を仕上げた。

 昼食では、昌平高の生徒が調理実習で作った豚肉のショウガ焼きなどに舌鼓を打った。ペルーの生徒たちは「トイレの設備や自動販売機など、技術に驚いた」と日本で過ごした感想を口にした。