河川のセシウム...現在も濃度減少 南相馬・太田川、浪江・請戸川

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本原子力研究開発機構(JAEA)は18日、南相馬市の太田川と浪江町の請戸川で2015(平成27)年4月~18年3月に河川の放射性セシウム濃度を継続調査した結果、原発事故由来の放射性セシウム濃度が現在も減少していることが分かったと発表した。

 河川水中の放射性セシウム濃度は1リットル当たり1ベクレルを下回っているが、1ベクレル未満の範囲での濃度変化は明らかになっていなかった。機構は1ベクレル未満の濃度変化を把握することで、濃度が上昇した際、早期に対策ができるとしている。

 研究は、福島環境安全センター放射線監視技術開発グループの中西貴宏研究副主幹らが実施。毎月、定期的に採取した河川水を濾(ろ)紙を使って分類し、濾紙上の土の粒子に含まれるセシウムを測定した。この結果、セシウム137の物理的半減期(30年)より早い速度で減少していることが判明。機構は今後も観測を続け、河川の安全・安心に貢献していくとしている。研究結果は英科学誌に掲載されている。