雪が少ない浪江に「かまくら」 秋田から輸送、雪遊び満喫

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
秋田県横手市から運ばれた雪で作られたかまくらの前で遊ぶ子どもたち=19日午前、浪江町

 雪がほとんど積もらない浪江町に19日、1日限りのかまくらが出現した。会場となったのは町役場駐車場。かまくらで有名な秋田県横手市からダンプ3台分の30トンの雪を運び込み、子どもたちも手伝って見事なかまくらを作り上げた。

 雪遊びを楽しんでもらおうと、浪江町民有志でつくる「なみえワイワイプロジェクト」が主催した。横手市から"かまくら職人"が駆け付け、積み上げた雪を固めてスコップで掘るなど直径4メートル、高さ3.5メートルのかまくらを完成させた。

 参加者ははんてんなどを着て、かまくらの中で秋田県の郷土料理のきりたんぽを味わうなど、冬の風物詩を満喫した様子だった。