ネット通販装うメール 福島・男性の携帯電話、県警注意呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県警によると、19日午前、福島市の男性(51)の携帯電話に、実在する大手インターネット通販会社を名乗り、登録料金の未納があるとして、支払いを求める不審なショートメールが届いた。県警は「架空請求詐欺」のメールとみて注意を呼び掛けている。

 県警によると、県内では昨年、同様のメールが837件(前年比435件増)確認された。「連絡がなければ提訴する」などの文言で不安をあおり、コンビニで電子ギフト券を購入させ、利用に必要な番号を聞き出す手口という。