郡山商が5連覇 全国高校ダンスドリル・ポン部門

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第10回全国高校ダンスドリル冬季大会は18、19の両日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれ、県勢はポン部門で郡山商が優勝し、5連覇を達成した。

 ミリタリー部門は、学法石川のみの出場となり、1位を獲得した。NPO法人ミスダンスドリルチーム・インターナショナル・ジャパンの主催。

 郡山商は20人以上のラージ編成で出場。同校を含めた2校がポンポンを使ったダンスの完成度やチームの統一性、技の難易度などを競った。伊東凛乃主将(2年)は「ポンポンの向きや足さばき、手さばきなど細かい動きにこだわって練習してきた」と振り返り「連覇の重圧もあった中で選手26人が一つになれた。息ぴったりの踊りを披露することができた」と胸を張った。

 隊列の美しさや動作の統率などを競うミリタリー部門に出場した学法石川の関根恵主将(2年)は「夏の大会に向けて課題も出たが、姿勢や足を上げる角度など、練習の成果を発揮できたことはよかった」と喜びを語った。

 このほか郡山がジャズ部門スモール編成で2位、学法石川がポン部門スモール編成で2位となった。