小野内五段が2年連続4度目V 穴原温泉・吉川屋杯将棋大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝した小野内五段(中央)と準優勝の渡辺五段(左)、3位の菊地四段

 本県アマチュア将棋界の頂点を決める2019穴原温泉「吉川屋」杯争奪第17回県将棋グランドチャンピオン戦大会最終日は20日、福島市の匠のこころ吉川屋で対局が続けられ、小野内一八(かずや)五段(23)=南相馬市、主催者推薦=が2年連続4度目の優勝を果たした。

 福島民友新聞社など各新聞社の大会の優勝者と年間成績優秀者ら8人が出場。最終日はスイス式トーナメントの4回戦が行われた。

 前年度覇者として臨んだ小野内五段は「平常心で指せたのが良かった。来年もこの大会に出られるように頑張りたい」と喜びを語った。