日本で一番早い『福』つかむぞ! 白河・鹿嶋神社で節分追儺祭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大勢の参拝者が詰め掛け、福豆がまかれた節分追儺祭=白河市・鹿嶋神社

 白河市の鹿嶋神社(和知延宮司)で20日、恒例の節分追儺祭(ついなさい)が行われた。家内安全や健康を願い、福豆を求める参拝者でにぎわった。

 同神社は「早く春が来るように」との願いを込め、毎年この時期に「日本一早い」と称して追儺祭を行っている。境内に設けられたやぐらから、年男や年女らが「福は内、鬼は外」の大きな掛け声とともに福豆のほか、お神酒や御神矢、文具などの引換券の入った袋をまき、参拝者が福をつかもうと手を伸ばした。

 福豆などをまいた白河三小5年の男子児童(11)は「今年は野球を頑張りたい。家族をはじめ、みんなに幸せが訪れてほしい」と笑顔を見せた。