年間最優秀選手に大東中・松本選手 県野球団体協議会が表彰

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
松本会長から表彰盾を受ける松本さん(左から4人目)と関係者ら

 須賀川市の松本龍哉さん(15)=大東中3年=は、県野球団体協議会が本年度から創設した年間最優秀選手の初代に選ばれた。

 松本さんは郡山市の硬式野球チーム郡山ボーイズに所属。昨年8月にオーストラリア・シドニーで開かれた世界少年野球大会で東北地方から唯一、日本代表に選出され、チームの主軸として5試合に出場するなど活躍した。

 表彰式は19日、福島市で行われ、松本壹雄(かずお)同協議会長(県野球協会長)が松本さんに表彰盾を手渡した。

 松本さんは「世界と戦えたことは良い経験になった。受賞はチームのみんなのおかげ。期待に応えられるよう、高校では全国制覇を目指して頑張りたい」と述べた。