歌手・さだまさしさんが飯舘村民にエール 名曲の数々で応援歌

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
心地よいメロディーを奏でて来場者を癒やしたさださん(左)

 歌手のさだまさしさんは20日、飯舘村でコンサートを開き、名曲の数々と軽快な語りで来場者に笑顔を届けた。アンコールの前には「素晴らしい『いいたて』になるように願っている」と復興に尽力する村民にエールを送った。

 新春村民の集いに合わせて企画された。さださんが同村でコンサートを行うのは初めて。さださんは「放射能災害はあまりにも過酷だが、避難指示が解除されて村を立て直そうという皆さんの気持ちの応援歌になれば」とその言葉通り、予定を超えて約1時間ステージに立った。

 コンサートでは、「案山子(かかし)」や「バースデー」「雨やどり」「北の国から」などを披露。曲の合間には軽快な語り口で来場者の笑いを誘っていた。来場者は名曲の数々に手拍子を打ったり、口ずさんだりしながらコンサートを楽しんでいた。