元五輪選手とスポーツ楽しむ いわきで「オリンピックデー」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
元五輪選手とスポーツ楽しむ いわきで「オリンピックデー」

 五輪出場者と一緒に体を動かす「オリンピックデー・フェスタinいわき」が19日、いわき市の南部アリーナで開かれた。参加者がさまざまなスポーツを楽しんだ。

 2020年東京五輪に向けて機運を高めようと日本オリンピック委員会(JOC)が開催している。市民約110人が参加し、水泳の宮下純一さん、バレーボールの大林素子さん、ウエイトリフティングの田頭弘毅さん(いわき市)ら7人が訪れた。

 子どもたちはオリンピアンと協力して「手つなぎ鬼」「大玉ころがし」などに挑戦。心地よい汗を流していた。