内堀知事「選手がベストな走り」 男子駅伝チーム特別表彰検討

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内堀雅雄知事は21日の定例記者会見で、全国都道府県対抗男子駅伝競走大会で初優勝した本県チームの偉業をたたえる特別表彰について、「どういった対応がいいのか検討を重ねていく」と述べ、前向きに検討する考えを示した。

 具体的な表彰の在り方について言及しなかったが、内堀知事は「まさに『陸上王国・福島』の面目躍如。7区間、全ての選手がベストな走りを見せた」と称賛。その上で、「選手たちの頑張りが私たちの復興・創生に加え、県民に元気を与えてくれた。来年は東京五輪がある。各選手がまた、それぞれの大きな目標に向かって大活躍することを期待している」と話した。