災害時の協力へ協定 福島県と県隊友会、自衛隊員の経験生かす

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
協定書を取り交わした成田部長と小野寺会長=県庁

 県と自衛隊OBらで組織する県隊友会は21日までに、災害時の協力に関する協定を結んだ。

 災害時に県や市町村から援助の要請があった場合、同会は災害対策本部の運営に必要な情報の収集・提供のほか、救援活動の補助、避難所の開設・運営の補助などに協力する。

 締結式は県庁で行われ、成田良洋県危機管理部長と小野寺哲也県隊友会長が協定書を交わした。

 成田部長は「(協定締結を踏まえ)県はさらなる防災体制の強化に取り組む」、小野寺会長は「自衛隊員としての経験を生かしたボランティア活動に当たりたい」とあいさつした。