会津の地酒や食味わい交流 東京で移住希望者相談会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
参加者からの個別相談に応じた移住相談会

 首都圏から会津地域への移住を希望する人を対象にした「会津de田舎暮らし移住相談会・交流会」は19日、東京都の東京タワーホールで開かれ、参加者が会津の食や日本酒も楽しみながら語り合った。

 県会津地方振興局の主催。会津への理解を深めてもらおうと開かれており、今回は「東京タワーの真下で会津を語ろう」と題して開かれた。約60人が参加た。移住相談会では、同振興局の担当者や各市町村の担当者らが移住希望者の個別相談に応じた。トークセッションでは新城希子末廣酒造専務と元福島放送のフリーアナウンサー羽藤淳子さんが会津の暮らしぶりや酒造りへの思いなどを語った。

 交流会では喜多方市(旧塩川町)出身の山田みきさんが東京で出店する「笑(わらい)むすび∞」のおむすびや日本酒、会津地鶏のから揚げ、ニシンの山椒(さんしょう)漬けなど郷土料理が振る舞われ、和やかな雰囲気の中で交流した。