障害者を災害から守る 福島、心構えや体制づくり学ぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
障害者への適切な対応を学んだ研修会

 福島県の県北地区障がい福祉連絡協議会は23日までに、福島市保健福祉センターで研修会を開いた。災害時などに障害者を孤立させずに適切な対応を取れるよう、参加者が平時の心構えや体制づくりの方法を学んだ。

 約70人が参加。県内の福祉事業所などを対象に行った障害者の生活実態に関するアンケートの結果を共有した。

 県県北保健福祉事務所が障害者の生活課題を紹介。また福祉避難所を記した防災マップの配布活動などを行う伊達市の事例を学んだ。

 同志社大社会学部の立木茂雄教授が「平時と災害時における障がい者への配慮を切れ目なくつなぐ」と題して講演した。