「新型インフルエンザ」対応明記へ 福島県感染症予防計画改定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は年度内をめどに県感染症予防計画を改定し、新たに新型インフルエンザの対応を計画に盛り込む。24日に県庁で開いた県感染症予防計画策定会議で素案を示した。

 国の感染症に関わる指針変更と福島市の中核市移行を踏まえた改定。患者からの検体採取、医薬品に必要な医薬品の備蓄など、新型インフルエンザの対応を新たに明記するほか、災害時の感染症対策などについても内容を刷新する。

 今後は医師や看護師ら同策定会議の委員の意見やパブリックコメントの意見などを踏まえ素案を修正し、3月下旬の公表を目指す。