航空機にIHI相馬「ロゴマーク」 27日から福島空港・発着機

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
エンジンカウルに描かれるロゴマークのデザイン

 IHIとアイベックスエアラインズ(IBEX)は27日から、相馬市のIHI相馬事業所開設20周年を記念したロゴマークをエンジンカウル部分に描いた特別塗装機「CRJ―700」を福島空港発着便などで運航する。24日に発表した。初日は福島―伊丹便で運航され、福島空港にも発着する予定。

 航空機エンジン部品などを製造するIHI相馬事業所はIBEX機のエンジン部品も手掛けており、昨年には開設20周年を迎えた。東日本大震災からの復興を願いロゴマーク掲載を初めて企画した。

 ロゴマークの数字の20の「0」の部分は、相馬野馬追で知られる相馬中村藩主相馬家の家紋をモチーフにした。エンジンの絵の下部の青い部分は相馬の海、上部の黒い部分は相馬の山を表現しており、工場が立地する相馬市や東北地方への感謝の意味を込めたという。

 運航期間は9月30日まで。仙台空港を拠点に福島空港などで就航する。