「ダイユーエイト小高店」営業再開へ 6月中旬、震災津波被害

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ダイユーエイトは6月中旬に、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故により休業している南相馬市小高区のダイユーエイト小高店を再開する。津波の被害を受けており、2月から改修工事に入る。

 ダイユーエイトは震災、原発事故で同店と富岡町の富岡店が休業した。帰還困難区域にある富岡店は休業が続いており、休業店舗が再開するのは初めて。小高店はスーパー併設型だったがホームセンター部門のみ再開する。

 敷地面積は約1万5000平方メートル、売り場面積は3400平方メートル。地権者や同市から再開を望む声があり、同区に公設民営商業施設「小高ストア」が開所したことなど小売店開設の動きも踏まえ、再開を決めた。