古里の魅力、冒険劇に いわきの児童、コンサート出演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
リハーサルに取り組む子どもたち

 三和小6年生が27日、いわき市のアリオスで開かれるピアノとパーカッションのコンサートに出演し、オリジナルの演劇を披露する。25日、同施設でリハーサルに取り組み、本番に備えた。

 児童たちは、ピアニストの田村緑さんとパーカッショニストの渡辺亮さんのコンサートで、約25分間の演劇を披露する。

 子どもたちは4年生のころから約3年間、同施設の出張授業で、芸術に触れながら舞台をつくり上げた。児童が助言を受けながら台本や美術、音楽を制作した。

 内容は三和の魅力を「宝」として探し出す冒険劇。歌やダンスも交え、2人と共演する。

 当日は午後2時開演。全席自由で千円。未就学児は入場不可。問い合わせはアリオスチケットセンター(電話0246・22・5800)へ。