いわき産のイチゴ人気 東京・ミノーレで「つごもり市」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわき市産農産物が人気を集めた販売会

 いわき市産の農産物や加工品をそろえた「つごもり市」が25日、東京・大手町のJAビル内の農業・農村ギャラリー「ミノーレ」で開かれた。イチゴの県オリジナル品種「ふくはる香」が初登場、1時間ほどで完売する好評ぶりだった。JA全中の主催、JA福島さくら、全農県本部の協力。

 会場にはイチゴのほか、いわき産コシヒカリ「IwakiLaiki(いわきライキ)」や特産品のトマト、ネギ、ドレッシングなどが並び、訪れた人たちが次々と買い求めた。

 大和田正幸JA福島さくらいわき地区本部長は「いわきは首都圏に近い立地が強みになる。今後もいわき産農産物を首都圏に積極的にPRしたい」と話した。