家族のために「マクロビ弁当」 西郷、児童・生徒料理コンクール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
最優秀賞の鈴木さんの料理

 西郷村と村食育推進検討委員会による食育推進事業「児童・生徒対象料理コンクール」の最終審査会が26日、同村の熊倉小で開かれた。

 小学生の部は設楽珀君(羽太小6年)の「勉強をがんばる2人の姉のためのまるごと西郷弁当」、中学生の部は鈴木心菜さん(西郷二中1年)の「看病がんばって!栄養たっぷり応援弁当」が最優秀賞に輝いた。

 「家族のためのにしごうマクロビお弁当を作ろう」がテーマ。小学5年~中学3年の児童、生徒から計352点の応募があり、うち76点が1次審査を通過した。

 2次審査を通過した小、中学生各8人が最終審査に臨んだ。村が学校給食で取り入れている和食中心の献立「マクロビ」を踏まえ、タマネギを使用した料理を含めて1時間以内で弁当を調理。高橋広志村長、鈴木且雪教育長らが料理のバランスや味などを審査した。

ほかの入賞者次の通り。

◇小学生の部 ▽優秀賞=今井穂(小田倉)▽優良賞=真船はな、小松花音(熊倉)高木楓歌(小田倉)高根沢然、相山蓮音(米)大桃彩加(川谷) ◇中学生の部 ▽優秀賞=荒木凛花(川谷)▽優良賞=草野麻裕、山口瑞生、小沼佳生(西郷一)高木花奈、風岡莉乃(西郷二)荒木聖音(川谷)