岡田元監督、Jヴィレッジで講演 地域活性化へ交流人口増やして

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
元日本代表監督の岡田武史さん

 サッカーの元日本代表監督の岡田武史さん(62)は27日、国内有数のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町・広野町)で講演し、地域活性化に向けて交流人口の拡大に取り組むことが大切だと訴えた。

 福島大うつくしまふくしま未来支援センターの主催。岡田さんはFC今治のオーナーとして地域振興にも取り組む経験から「まずは交流人口を増やすこと。きっかけは観光でも何でもよい」と提案。「交流人口が増えれば人が定着する。今は大企業を誘致して雇用を生み出す時代ではない」と話した。

 4月20日に全面再開を迎えるJヴィレッジについては「震災直後はグラウンドに鉄板が敷いてあった。再びJヴィレッジを訪れてみて暗いイメージが払拭(ふっしょく)された」と再始動を喜んだ。