幸楽苑、「楽天ポイント」導入 全国の店舗で利用可能

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
楽天ポイントの導入を発表する新井田社長(左)と三木谷社長

 幸楽苑ホールディングス(HD、郡山市)は29日、インターネット通信販売大手の楽天と提携し、楽天の共通ポイントサービス「楽天ポイント」を導入する。

 幸楽苑HDの新井田昇社長と楽天の三木谷浩史会長・社長が28日、東京で記者会見し、発表した。

 全国517店のラーメン店「幸楽苑」で、楽天スーパーポイントを利用できる。利用者は食事の際に、楽天ポイントカードや楽天ポイントカードアプリを提示すると、楽天ポイントが付与され、支払時に、たまったポイントを利用できる。100円(税抜き)の支払いで、楽天スーパーポイント1ポイントが付与される。

 また、両社は新年度中に、AI(人工知能)を利用して来店者の年齢や性別を推定し、おすすめのメニューを提案したり、クーポン券を発行するデジタルサイネージ「幸楽苑UmaAIくじ」を店舗に試験導入する方針も明らかにした。