経済活性化へ意見 田村で異業種交流イベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
閉校校舎で交流する参加者

 田村市の一般社団法人スイッチは27日、閉校した同市の旧石森小校舎を活用したテレワークセンターテラス石森で異業種交流イベントを開いた。参加者が経済活性化などについて意見交換した。

 起業家やアーティスト、農産物生産者のビジネスマッチングにつなげてもらおうと開いた。

 同市のホップジャパンが栽培するホップを原材料に開発したクラフトビールが披露され、同市のさくま農園の野菜を使った郷土料理「ざくざく鍋」が振る舞われた。