青春ドレッシングいかが ふたば未来高生開発、いわきで販売会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来場者(右)にドレッシングなどの商品をPRする生徒たち

 ふたば未来学園高の生徒が開発したドレッシングや大福の試食、販売会が27日、いわき市小名浜のいわき・ら・ら・ミュウで開かれた。来場者が生徒たちの作った商品を買い求めた。

 広野、楢葉両町の果実を活用した「青春ドレッシング」を作った3年生の3人が訪れた。3人はユズやミカンのドレッシング、「みかん大福」などの商品をPR。来場者に笑顔でおいしさを伝えた。

 3人は「ドレッシングはユズ、ミカンの皮が入っていておいしい。しっかりした味でいろいろな料理に使えるのでお薦め」と話した。