酒気帯び運転疑い、男子高校生を現行犯逮捕 いわきで追突事故

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき中央署は28日午前4時55分、酒気帯び運転の疑いでいわき市、県立高3年の男子生徒(18)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、いわき市内郷綴町堀坂の県道で酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると、男子生徒は、赤信号で停車していたいわき市の40代男性会社員の軽乗用車に追突した。男子生徒は運転免許を所持しており、家族の車を運転していたという。

 逮捕された男子生徒の通う高校は同日、臨時の全校集会を開き、生徒たちに経緯を報告した上で、再発防止へ注意を促した。同校の校長は「ルール順守は厳しく指導してきたが、このような事態になり申し訳ない。再発防止に努めていきたい」とコメントした。