学生の就職支援協定結ぶ 福島県と拓殖大、創価大

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
協定書を交わした上田部長(左)と橋本部長

 県は31日、本県へのUターン・Iターン就職を促進するため、拓殖大、創価大と学生の就職支援に関する協定を結んだ。

 首都圏の大学と連携を図り、学生や保護者に県内企業の情報や各種就職支援イベントなどを伝え、本県への就職促進につなげることが狙い。

 締結式は県庁で行われ、橋本明良商工労働部長と拓殖大就職キャリアセンターの来田健副センター長・就職部長、創価大キャリアセンターの上田大作部長が協定書を交わした。橋本部長は「復興を進めるためにも、一人でも多くの学生が福島に来てもらいたい」と話した。来田副センター長、上田部長は「福島の魅力を学生にしっかり伝える」と話した。