「必勝まんじゅう」で受験生応援 白河の菓子店、中学3年生に贈る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
贈呈された必勝まんじゅう

 白河市の菓子屋・坂本屋総本店は1月30日、受験を控える同市の東中3年生に「必勝まんじゅう」を贈った。

 地元の子どもたちを応援しようと毎年贈っており、今年で7年目。我妻栄一社長が同校を訪れ、「必勝」と焼き印のされたまんじゅう約100個を代表生徒に手渡した。

 心のこもった贈り物を受けた女子生徒(3年)は「全員が一丸となり合格を目指す」と感謝の言葉を述べた。荒井孝祐校長らが同席した。