保土谷化学工業、設備新設へ 郡山工場、7月にも稼働

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 保土谷化学工業(東京)は、郡山市の郡山工場に、スマートフォンなどに使うアルミニウムに着色する染料の設備を新設する。約20億円を投資し、7月にも製造設備を稼働させる予定。

 アルミ着色用の染料は同社が最大手で、スマートフォンやデジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤーなどに使われている。

 現在は横浜市にある横浜工場で製造しているが、世界的な市場ニーズの高まりを受け、横浜工場では敷地が足りなくなった。

 郡山工場では昨年10月以降、既存施設を改造しながら製造設備の新設工事を進めている。