コンビニ強盗疑いで49歳男逮捕 包丁突きつけレジから現金奪う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
強盗事件が起きた店内で事情を聴く捜査員=1日午前5時50分ごろ、猪苗代町

 1日午前1時55分ごろ、猪苗代町、コンビニに強盗が入った、と同店員から110番通報があった。

 猪苗代署などが強盗事件として緊急配備を敷いて捜査していたところ、約30分後に現場から約15キロ離れた郡山市のコンビニ駐車場で、乗用車内にいた不審な男を郡山北署員が発見。任意同行し話を聴いたところ容疑を認めたため、同日午後2時50分ごろ、猪苗代署が強盗容疑で逮捕した。

 逮捕されたのは、本籍北海道、住所不定、無職、容疑者男(49)。逮捕容疑は同日午前1時50分ごろ、同コンビニで男性アルバイト店員(22)にレジカウンター越しに包丁を突きつけ「金を出せ」と脅し、レジから現金4万8000円を奪った疑い。店内には当時、男性店員2人しかおらず、1人は休憩中だった。2人にけがはなかった。

 同署によると、現場は猪苗代湖志田浜近くの国道49号沿い。同署は、容疑者が乗っていた乗用車から脅迫に使ったとみられる包丁を押収し、動機や逃走経路などを調べている。