ひさみつまゆみさん『会津大好き』発信! SNSに魅力的写真

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
SNSなどで会津の魅力を発信しているひさみつさん

 昨年2月にフリーカメラマンとなった会津若松市のひさみつまゆみ(本名・久光真佑美)さん(23)が、SNS(会員制交流サイト)を通じて「大好き」という会津を発信している。7日から同市天神町のアイフルホーム会津店モデルルームにある「みんなのアトリエconfort」で写真展を開く。ひさみつさんは「写真の力で会津の良さを伝えたい」と話している。

 ひさみつさんは同市出身で、カメラ好きだった父の影響でファインダーをのぞくようになった。高校時代はいつもコンパクトデジカメを持ち歩き、折を見てはシャッターを切ったという。地域に密着し、学校行事にもよく顔を出していたカメラマンに憧れ写真店に勤務したが、活動の幅を広げたいと独立した。

 独立後は会津の自然や風景、人物に焦点を当てて撮影を続け、SNSでの発信にも力を入れている。フェイスブック、ツイッター、インスタグラムを合わせたフォロワーは2万人を超えるという。

 写真展は、11日までの前期と3月7日から同11日までの後期に分けて開催する。場所はヨークベニマル門田店近く。入場無料で、時間は午前10時~午後5時。会津のシンボル鶴ケ城や夕焼けに照らされる会津盆地、成人式の様子など、L判写真も含め100点近くを展示予定。ポストカードや写真集の販売も行う。希望者を対象に無料撮影会も開く。

 「会津の人の成長を記録したり、地域とのつながりを大事にしながら活動を続けたい」と話すひさみつさん。「写真をもっと身近に感じてほしい」と思いを語り、「楽しいこと、面白いことをしながら会津を発信していきたい」と意気込む。