コンビニ強盗容疑の男「生活に困っていた」 逮捕時所持金なく

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 猪苗代町のコンビニで1日未明に起きた強盗事件で、強盗容疑で逮捕された本籍北海道、住所不定、無職、容疑者男(49)が「生活に困っていた」などと供述していることが2日、猪苗代署への取材で分かった。

 同署によると、容疑者は逮捕当時、ほとんど所持金がなかったという。同署は同日、容疑者を送検した。