首都圏の参加者、手作り団子やピザ堪能 塙で「農泊ツアー」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
団子を作る参加者=四季彩菜工房

 はなわ農泊交流協議会は2、3の両日、福島県塙町の四季彩菜工房などで「はなわ農泊ツアー」を行い、首都圏の住民が町産食材を使った料理を体験した。

 農村としての町の魅力を知ってもらおうと東京駅を発着点に行われ、23人が参加した。

 同工房で団子、ピザ、釜飯などを手作りして味わった。ニワトリに水や餌をやり、取れたての鶏卵を卵かけご飯にして食べた。町公民館でみそ作りも体験した。