中間貯蔵施設で初の死亡事故 64歳女性作業員が倒木の下敷きに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 4日午後0時40分ごろ、東京電力福島第1原発事故の除染で生じた汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設(大熊町、双葉町)で、いわき市、土木作業員、女性(64)が倒木の下敷きになっているのを男性作業員が発見、119番通報した。女性は救急車で富岡町の医療施設に運ばれたが、1時間半後に死亡が確認された。

 中間貯蔵施設の工事中に作業員が死亡した事故は初めて。双葉署が労災事故とみて調べている。

 同署によると、女性は双葉町の中間貯蔵施設の工事現場で、不燃物を選別する作業に当たっていた。当時、近くでは木を伐採する作業が行われており、倒れてきた木の下敷きになったとみられる。倒木の長さは約13メートル。同署が死因や事故の原因を調べている。

 環境省の担当者は「原因究明を進め、受注者と情報共有しながら再発防止に努めていきたい」としている。