高校生ら「結婚式」プロデュース!テーマは不思議の国のアリス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
斬新なアイデアでブライダルフェアを盛り上げた生徒と学生ら

 高校生が結婚式を創る!―。会津地域の高校生と県内外の大学生のアイデアを取り入れたブライダルフェア「結婚式を。プロデュース~学生が考えたおもしろウェディング」が3日、会津若松市東山温泉の御宿東鳳で開かれ、参加した生徒、学生らが多彩な結婚式のプランを来場者に提案した。

 若者の結婚に対する意識を向上させ、会津への定住促進につなげようと、同市のNPO法人会津エンジンと御宿東鳳が昨年初めて企画。今回は高校生のほか、会津大と産業能率大(東京都)の学生も参加した。

 参加した生徒ら46人は、雰囲気作り、演出、和婚、レストラン、ブライダルフェアPRの5チームに分かれ、企画会議などを重ねて準備を進めてきた。「不思議の国のアリス」をテーマに装飾をちりばめ、会津をファンタジー化した披露宴会場や、風船と紙で作った新郎新婦を祝福するランタンを飛ばす演出など、斬新なアイデアが披露された。

 「和婚」チームは縁日をテーマにした披露宴会場を展示。お祭りの金魚袋をイメージした引き出物や、綿あめ入りのウエルカムドリンクなど、会員制交流サイト(SNS)や「インスタ映え」を意識した展示が来場者の目を引いた。

 フェアに参加した喜多方高3年の女子生徒(18)は「大学生と意見を出し合う経験は勉強になった。学生ならではの斬新なアイデアを考えることができた」と話した。