「富岡産業団地」建設工事始まる 29区画、国道6号沿いに整備

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
富岡産業団地の完成イメージ

 富岡町は4日、同町上郡山の国道6号沿いに整備を計画している富岡産業団地の本格的な建設工事に着手した。同日、町総合体育館で起工式を行い、関係者が工事の安全を祈った。

 産業団地は29区画で面積は約22ヘクタール。2020年4月に一部区画の使用を開始する。賃料は1平方メートル当たり年間200円だが、30年までは減免措置として同100円となる。

 起工式で宮本皓一町長は「今後の復興に欠かせない重要な施設となる。積極的に企業誘致に取り組んでいく」とあいさつした。町によると、現時点で町内外の製造業など約20社が進出に関心を示している。