女子トイレ盗撮疑いで常勤講師逮捕 小学校トイレに小型カメラ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市の小学校の女子トイレに盗撮目的で侵入したとして、福島署は5日午後7時ごろ、建造物侵入の疑いで福島市、同校常勤講師、容疑者男(25)を逮捕した。同署によると、容疑者は容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年11月2日ごろ、同校の女子トイレに盗撮目的で侵入した疑い。

 市教委によると、容疑者が侵入したとみられる女子トイレは職員と児童の共用。校舎3階にあり、昨年11月にはトイレの個室に仕掛けられた小型カメラ1台が見つかっていた。カメラは縦約10センチ、幅約5センチの大きさで、個室内に置かれた複数のトイレットペーパーに隠れるように置かれていたという。

 容疑者は同校に複数年勤務しており、6年生の担任を務めていた。勤務態度などが問題になったことはなかったという。発覚後に同校の男性校長から届け出を受け、同署が捜査していた。同校は6日、全校児童に対して状況を説明する方針。日程は未定だが、保護者会も開くとしている。