水路にネコ投げた男「ストレス発散...面白半分」 動画サイト投稿

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 須賀川市の遊水地の水路にネコを放り投げたとして、動物愛護法違反の疑いで須賀川署に逮捕された同市、派遣社員、容疑者男(31)が、「ストレス発散のため、面白半分にやった」と話していることが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 同署は同日、証拠隠滅や逃亡の恐れがないとして容疑者を釈放、任意捜査に切り替えた。

 同署によると、容疑者は昨年12月と今年1月の2回、それぞれ別のネコを水路に放り投げる様子を携帯ゲーム機で撮影。インターネットの動画投稿サイトに公開していたとみられる。

 動画には、その様子を実況する声が入っていたほか、ネコが水路から自力ではい上がり、陸上でぐったりしている姿が映っていたという。