子どもの自傷行動への対処解説 いわきで障害児支援施設懇談会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新妻さん(右)の話に聞き入る参加者たち

 障害児支援施設担当者が情報を共有する、障害児通所支援施設懇談会は7日までに、いわき市の児童発達支援センターわくわくキッズで開かれた。同市で実施するのは初めて。

 同市の27事業所などから約40人が参加した。

 同センターを運営するNPO法人わくわくネットいわき理事長の新妻寿雄さんが、子どもの自傷行動などへの対処法や考え方などを解説した。

 また、グループワークも行われ、「事業所での困りごと」をテーマに、参加者が頻繁に起きる出来事について意見を交わした。参加者は支援の底上げを図ろうと、他施設の取り組みなどを学んでいた。