「ゲベール銃」興味津々!戊辰戦争時に使用 新鶴民俗資料館

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ゲベール銃を手に取り観察する児童ら

 会津美里町の高田小の3年生42人は5日、同町の新鶴民俗資料館を見学し、同館専門委員の解説や展示物の観察を通じて、昔の道具や暮らしを学んだ。

 同町の新鶴幼稚園2階にある同館は、「農耕」「生活と食」「衣と住」「農と文化」「産業」などのテーマごとに部屋分けされており、約3000点の資料が収納、展示されている。

 児童らはグループに分かれ、専門委員や町教委生涯学習課文化係の梶原圭介係長の案内で館内を巡った。戊辰戦争で使われたゲベール銃など一部の展示品を実際に手に取りながら観察していた。