赤れんが庁舎の「大雪像」出現! 只見雪まつり・ライトアップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
夜空に浮かび上がった大雪像

 福島県只見町のJR只見駅前広場で9、10の両日開かれる「第47回只見ふるさとの雪まつり」を前に、呼び物の旧北海道庁「赤れんが庁舎」をモチーフにした大雪像が8日、ライトアップされた。

 今年の雪まつりのテーマは北海道胆振(いぶり)東部地震の復興応援で時間は両日とも午前10時~午後8時30分。伝統芸能の発表やお笑いライブなどが繰り広げられる。

 大雪像は高さ約13メートル、幅約20メートルあり、ライトアップでは雪で造られたアメリカ風ネオバロック様式の建物が幻想的に浮かび上がった。